全角英数を許すな

全角英数を許すな

駄文の不法投棄現場。不定期更新

Twitterで中途半端な主張をする捨て垢の存在意義はあるのか

 f:id:Miyanami_TR:20190414205110j:plain

 

誰かが不穏な時や炎上しているような時にTwitterを見ているとよく目につくのが、適当に拵えて一つの事案についてのみ攻撃ツイートを行ったあとにいなくなるアカウント、いわゆる「捨て垢」だ。

 

リスクヘッジとしての捨て垢

さてこの捨て垢、だいたいの場合は炎上や不穏を煽るものであるのだが、なぜメインのアカウントでそれを言わないのか?という疑問が生じる。

まあ答えるまでもないのだが、それは自分のメインのアカウントでそのようなことを喚くと自分まで炎上しかねないからである。批判されることが多いこの行為だが、限りなく好意的に解釈するなら立派なリスクヘッジであるし、かならず悪いことだとは言えないのかも知れない。まあ悪い悪くない以前に捨て垢はキモいのだが…

 

自分のことを野原ひろしだと思いこんでいる一般人

しかしここで特大級の疑問が出てくる。捨て垢を使ってまでなにかを発言するということは、もちろん発言内容が炎上するのを恐れてのことであるし、つまりそれは発言する人間が「これは炎上しかねない」と判断しているからだと考えられる。しかし、最近目にすることが多いのが、毒にも薬にもならないようなことしか言わないのに自分が毒を吐いていると思い込んでいる「精神異常捨て垢なのである。彼らは本来リスクヘッジとしてアカウントを分けるようなことでもないような発言をわざわざ捨て垢で発信している。彼らの目的は何なんだろうか?

f:id:Miyanami_TR:20190414205524j:plain

 

私はどうしてもこれが理解できなかったが、数十分ほど考えた末にそれなりに答えになっていそうなものに辿り着いた。

彼らは捨て垢に憧れを抱いていたのだ

 

世間一般において、基本的に「捨て垢はダサい」という考えは一般的なものである(そして多かれ少なかれ私もそう思っている)が、インターネットを始めたばかりの人間はそのような意識が希薄であるし、そのような時期は叩く側に憧れがちであるから、インターネットで好き勝手に暴れ、好き勝手に叩くことが出来るという立場は羨望の的であろう。そしてそれを最も行っているのが捨て垢なのだから、彼らがなんらかの騒動に乗じて捨て垢を作りたいと考えるのは不思議ではないだろう。

 

一般的に捨て垢はなんらかの過激な主張を持ち、HNすら隠蔽してしまう匿名性を武器に本当に好き勝手暴れまわるし、そこからある程度尖りながらも面白かったりするものがある。キモいけど

しかし彼らにはそれがなく、ただ「騒動に乗じて暴れられる立場が欲しいだけ」なのであるから、当然なにかの主張を言うわけでもないので毒にも薬にもならないようなことしか言うことができないのであろう。しかし彼らはその立場に*1酔い、自分は好き勝手物言いをしている、毒を言っていると勘違いしてしまっているのだろう。そしてインターネット初心者は「毒」だの「闇」だのに憧れているから、それがかっこいい、インターネットを使いこなしているとも思い込んでしまうのだ。

 

インターネット初心者だった時の黒歴史を思い出して咽び泣く

ここまで80%くらいは偏見で書いたが、あながち間違ってはいないのではないかと思っている。ただインターネット初心者はいつまでも初心者ではないし、いずれ必ずそれがダサいことに気がつくのである。これは唯一の救いといっても良いだろう。このようなアカウントは遊ばれる対象としても面白さに欠けている上にひたすら薄ら寒さを撒き散らしているから、いないに越したことはないのだ。しかし、今「俺ネット慣れしてます」といったような人間も、必ず初心者だったことがあるはずだしこれを防ぐ手立てはない。

ただ、少しでも良くする方法はあると思うのだ。インターネットのリテラシーが叫ばれる世の中だが、ネット上でのモラルの教育は現状では不十分ではないかと思っている。インターネットでモラルを逸脱するのが格好いいというヤンキー並の発想をする人間は必ず出てくるのだから、それはダサいのだ、格好悪いのだということまできちんと教育してくれることを期待しています。まあ一般の人間はスマホ世代、ネット世代といってもリアルの延長にすぎないような使い方であるし、ネット上でトロールのように大暴れする陰キャはイレギュラーなのだからそこまで徹底する必要がないんだろうけど。

 

おわりに

それで結局なにが言いたいのかというと、

  1. 捨て垢はダサい
  2. どうしても捨て垢を作るならその前に自分の主張がわざわざ薄ら寒い捨て垢を介して言うことなのかを再確認すべきではないか。毒にも薬にもならないようなことしか言えないのならば、それは恥を重ねてまですることではないのではないか
  3. ダサいものに酔っても何もいい事ないしキモいだけ

ということです。ここで何喚こうが多分何も変わらないのは目に見えているのですが、なんか思ったことをどっかに吐き出したくなったというか純粋にその手のアカウントがしんどいので書かせて頂きました。ここまで読んでくれた方に少しでも共感するところがあったら幸いです。

 

それではまたどこかで。どうでもいいけどですます調だった文体を変えてみました。どうでしょうか…?

*1:できたところで酔うほどのものではないし寧ろ死ぬほどダサいのだが

Chromiumベースと化したEdgeのプレビュー版を使ってみた

皆さん、ご無沙汰しております。また一週間くらい空いてしまいましたが書くことがない上に忙しかったんです、許して…

 

さて今回の本題はこちらです

jp.techcrunch.com

 

Google Chromeをダウンロードするのに最適なブラウザであるEdgeが、どうやらChromiumベースになるようだというのは前々から言われていましたが、ついに数日前にプレビュー版が出てきたようで。全然関係はないと思うのですがEdgeのAndroid版はエンジンに元々Blinkが使われているようですね。使ったことないけど…

 

ということで早速試してみたいと思います。ここからダウンロードできます

 

f:id:Miyanami_TR:20190413181356p:plain

私は定期的なアップデートが超がつくほど苦手なので一番少なそうなBeta…がないので毎週更新のDevにしましょうかね

 

f:id:Miyanami_TR:20190413181613p:plain

f:id:Miyanami_TR:20190413181723p:plain

f:id:Miyanami_TR:20190413181737p:plain

UWPアプリではないんですね…


f:id:Miyanami_TR:20190413182037p:plain

何を血迷ったか毎日更新のCanaryを勢いでインストール。最初の画面で「Start with your data」を選べばブックマークなどをもろもろ引き継ぐことができますが無難に引き継がずにいきます

 

f:id:Miyanami_TR:20190413182321p:plain

新しいタブの画面を選択できます。まあ好みでしょうかね

 

f:id:Miyanami_TR:20190413182719p:plain

f:id:Miyanami_TR:20190413182944p:plain

全体的に見た目はそんなにEdgeと変わりがなく、Chromiumベースをあまり感じさせません。どうやらGoogle関連の機能は大幅に消されているようです

 

f:id:Miyanami_TR:20190413183128p:plain

しかし、設定画面がタブで開かれるのを見るとやっぱりChromiumなんだなあという感じがします。URLのedge://というのもChromium感が凄いです。デザインはだいぶ弄られていますが…

 

f:id:Miyanami_TR:20190413183439p:plain

f:id:Miyanami_TR:20190413183515p:plain

ここで日本語化できるのでしょうか。わくわく

 

f:id:Miyanami_TR:20190413183651p:plain

f:id:Miyanami_TR:20190413183700p:plain

何考えてるアメリカ人⁉許せない‼️謝れ‼️謝れ‼️謝れ‼️どこのゴミの会社⁉️

どうやら開発段階なので英語しかないようです。下の英語(米国)でも選択できなかったのでまだローカライズはできていないのでしょう。仕方ないね

 

f:id:Miyanami_TR:20190413202634p:plain

Chrome拡張機能も突っ込めます

 

ただ数分使ってみて思ったのが「わざわざこれを使おうと思うだけの魅力はないな」ということです。もとのEdgeの時点でそうですし、中身が変わっただけでは魅力が急上昇することはないとは思いますが…

ただメリットは確実にあると思われます。

まず最初に挙げられるのはPCを買った後にChromeをインストールする快適さが上がる点でしょう。さらに「デフォルトのアプリしか使わせない」という確固たる信念のある方が管理している場において、Chromiumベースのブラウザが使えるのは十分メリットたり得ますよね。ちなみに弊学のPCではなぜかEdgeすら無効化されてIEを押し付ける卑劣な人権侵害が横行しているようですので全く恩恵はないでしょうが、そのような場は流石に少数でしょうから十分だと考えられます。

逆に目立ったデメリットはユーザー視点ではあまりないでしょうから、これが従来のEdgeを置き換えるのが楽しみですね。

 

それではまたどこかで

書くことがないのでかっこいい国歌の続きでも書く

この記事は

 

miyanami-tr.hatenablog.com

この記事の続きとなっていますが前の記事は読んでも読まなくても良いと思います。とりあえず国への感情や思想云々は抜きにして聴いてみてくださいな。ではどうぞ

 

 

清帝国国歌 "鞏金甌"

www.youtube.com

 

中国の清朝末期に制定された国歌です。「きょうきんおう」と読むらしいです

 

辛亥革命が起こり、わずか数ヶ月で国歌としての役目を終えてしまった曲でもあるらしいです。もったいない

 

クルディスタン地域地域歌 "Ey Reqîb" (おい、敵よ)

www.youtube.com

 

イラク共和国国内にある、クルディスタン地域の地域歌です。現在はどこの国の国歌でもないのですが、第二次大戦後の短期間イラン北西部に存在したマハーバード共和国では国歌として採用されていたようです。

 

スルプスカ共和国国歌 "Моја Република" (我が共和国)

www.youtube.com

 

多民族国家ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちセルビア人が多数を占める側であるスルプスカ共和国の国歌です。かつてはセルビアと同じ"Боже правде" (正義の神)を国歌としていましたが、違憲と判断されて現在の国歌となりました。

どちらもかっこいいので良ければ聴いてみては如何でしょうか…?セルビア国歌はすぐ下にあります

 

セルビア共和国国歌 "Боже правде" (正義の神)

www.youtube.com

 

ということでセルビアの国歌も。セルビアでは共和制に合わせて王国時代から歌詞を変更しているため、修正がされていないスルプスカ共和国版は微妙に歌詞が違ったりします。

 

モンテネグロ国歌 "Ој, свијетла мајска зоро" (五月の夜明け)

www.youtube.com

 

かつてセルビア連合国家であるセルビア・モンテネグロを構成していた、モンテネグロの国歌です。

 

数ある国歌の中でもかなりの荘厳さを誇ると思います。すき

 

ウズベキスタン共和国国歌 "O'zbekiston Respublikasining Madhiyasi"

www.youtube.com

 

かつてソ連の構成国であった中央アジアウズベキスタンの国歌です。括弧で日本語タイトルがついてないのはそのままズバリ「ウズベキスタン共和国国歌」というタイトルだからです。

 

メロディはソ連時代のものと同一ですが、私は独立後の方が好きですね(どうでもいい

 

ネパール連邦民主共和国国歌 "राष्ट्रिय गान" (国歌)

www.youtube.com

 

ヒマラヤ山脈の麓の国、ネパールの国歌です。別名は"सयौं थुँगा फूलका हामी" (幾百という花からなる我々)。王政が打倒された翌年の2007年に国歌として採用されました。

 

エキセントリックで明るいメロディが特徴だと思います、他の国にはない感じが出ていますね。その国らしさが出ていて私は好きです

 

沿ドニエストル共和国国歌 "Мы славим тебя, Приднестровье" (トランスニストリアよ、われら汝を称える)

www.youtube.com

 

モルドバドニエストル川沿岸にある未承認国家、沿ドニエストル共和国の国歌です。共和国の公用語であるロシア語、モルドバ*1ウクライナ語で歌われており、各言語でのタイトルは"Слэвитэ сэ фий, Нистрене" (モルドバ語)、"Ми славимо тебе, Придністров’я" (ウクライナ語)です。

 

それにしてもどうして共産圏の国歌って惹かれるものが多いのでしょうかね…

 

モルダビア・ソビエト社会主義共和国国歌  "Имнул де Стат ал РСС Молдовенешть"

www.youtube.com

 

ということで沿ドニエストル含めてモルドバソ連領であった時代の国歌です。

 

だいたい旧ソ連国家の国歌は「デェェェェェェン」で始まることが多いですが、こちらは微妙に違いますね。こちらも雰囲気は共産圏といった感じではありますが秀逸です。

 

ベラルーシ共和国国歌 "Мы, беларусы" (我ら、ベラルーシ人)

www.youtube.com

 

ロシアの隣国、ベラルーシの国歌です。また旧ソ連か壊れるなあ

 

こちらもウズベキスタン同様ソ連時代から同一のメロディを国歌としています。どちらもかっこいいですがやはり独立後に軍配が上がるでしょう。

 

トルクメニスタン国歌 "Garaşsyz, Bitarap, Türkmenistanyň Döwlet Gimni" (独立、中立、トルクメニスタンの国歌)

www.youtube.com

 

いろいろな意味で有名な独裁者、サパルムラト・ニヤゾフが君臨していたことで知られるトルクメニスタンの国歌です。初期の歌詞には彼を称える歌詞がしっかりと入っていましたが、死後に修正されました。独裁者を称える歌詞が死後になくなるパターン、どこかでみたことがあるような…?

 

イラン愛国歌 "ای ایران" (ラテン文字転写:Ey Iran) (ああ、イラン)

www.youtube.com

 

中東の国であるイランの愛国歌です。帝国時代から現在まで歌われており、一時期は国歌と同じ地位にあったとか。政治的にどうといった感じの内容ではなく、純粋にイランを称賛する歌詞であるためにこちらを好む方も多いらしいです。

 

オーストリア=ハンガリー帝国国歌 "Gott erhalte Franz den Kaiser" (神よ皇帝フランツを護り給え)

www.youtube.com

 

神聖ローマ帝国オーストリア帝国オーストリア=ハンガリー帝国において国歌とされた曲です。作曲はかの有名なハイドンで、メロディは現在ドイツ連邦共和国の国歌において使用されています。

 

こちらのほうがピアノの音源が多いと思います、そのせいかドイツよりもかっこよく聴こえる気がしますのですぐ下にあるドイツの方も聴いてみてはどうでしょうか

 

ドイツ連邦共和国国歌 "Deutschlandlied" (ドイツの歌)

www.youtube.com

 

ということでドイツの国歌です。なぜかJOYSOUNDのカラオケに入ってたりします。需要はどこ…ここ?

 

ロシア帝国国歌 "Боже, Цаля храни!" (神よツァーリを護り給え)

www.youtube.com

 

ロシア帝国の国歌です。やっぱり最初にデェェェェェェェンって入るんですね…

チャイコフスキーの「序曲1812年」に引用されたりペンシルバニア州の州歌になったりもしているようです。それだけかっこいいということなのでしょう

 

おわりに

前の記事でこの記事いる…?とか書いておいて続き書くの頭大丈夫かって言われそう

 

それではまた

*1:モルドバ公用語ルーマニア語です、沿ドニエストル共和国においては「モルドバ語」としてルーマニア語キリル文字表記が使用されています

Yahoo!ジオシティーズが終わって平成の終わりを実感した

お久しぶりです。前の記事で「次の記事は2、3日後かな~ワハハ」みたいなことを言っていたら約一週間が経っていました。書いてない間に新元号は「令和」に決定し、「天安門事件」か「タピオカ」だろうという僕の予想を大きく裏切った形となり一人で驚愕しておりますがそんなことはどうでもいいのです。

 

ジオシティーズが終わった

元号発表間近に日本が沸き立つ中、あるサービスがひっそりと幕を閉じました。

f:id:Miyanami_TR:20190402231533p:plain

Yahoo!ジオシティーズです。タイトルで言ってるけど

 

元号発表に隠れながらも少し話題を呼びましたが、これは人類の大きな損失であると私は思うのです。

移行方法が案内はされましたが、全てのサイトが移行されるはずはありません。特にジオシティーズはインターネット黎明期からのサービスですし、大昔のサイトが多いのも一つの特徴といえますが、それらは現在放置されていることが多く、そのまま移行もされずに永久に見られなくなってしまうのです。(色々な意味で)有用なサイトが多かっただけに非常に残念ですが、これも時代の節目なのかもしれないと感じました。

f:id:Miyanami_TR:20190402233251p:plain

移行されなかったサイトは無残にもこうなります

 

確かにタピオカ…ではなくて令和時代においてはこのサービスはかなり古めかしいものとなっているでしょうし*1、サービス終了はそこまで疑問が浮かぶことではないのですが、平成の叡智のかなりをYahoo!ジオシティーズに依存していたとも言えるわけで、やはり特定のサービスに依存するのは危険だということが言えると思います。令和時代は自宅サーバーの時代!自宅サーバー最強!立ててないけど

 

時代の変化とともに失われる情報もあるなって話

正直代替として案内されたサービスもいつまで続いてるかわかったものではありませんし、「個人サイト」という文化が廃れつつあるのが自明なように、個人のサイトによって提供されていた情報は遠くないうちに閲覧ができなくなってしまうのかもしれません。先程は冗談めかして自宅サーバー最強などと言いましたが、実際にサイトを簡便にホスティングしてくれるようなサービスは過去のものとなり、本当にサーバーを借りるか立てるかしないとサイトが持てない、といった状況になってしまう可能性もありますよね。実際そうなってしまうかは知りませんが

結局このご時世、Google検索すればなんでも出てくると言われますし情報の量だって膨らむ一方なのは確かなのですが、その一方で消えてしまい二度と見られなくなってしまう情報も膨大だと思うのです。主要なものはInternet ArchiveWayback Machineによって引き続き見ることができることもありますが、全部が見られるわけではないですし、私も見たかったもの*2が実際に拾われておらず苦い思いをした経験があります。ネットは全ての情報が網羅されているわけでもなんでもないのです。

 

きれいにまとめたい

ところで、「これからは検索すれば何でも出てくるので学びよりも検索能力だ」などと宣う大馬鹿がいます。しかもこれが結構支持されているからまずいのですが、検索すれば何でも出てくることはありませんし、先程述べたようにかつて出ていたものが消えてしまうことは数多いわけです。ですから、検索して出てきたものが常に見られると思うことなくそれを自分の中にインプットしてしっかりと学んでいく、令和時代ではそんな姿勢でサイトを見ていきたいものです

 

それではまた。タp…令和時代もこのブログを宜しくお願いします。

え、改元は5月だって?失礼しました…残り少ない平成もどうぞ宜しく

*1:というか数年前の時点でかなり古めかしかった

*2:かつてトルクメニスタン政府のサイトで無償公開されていたトルクメニスタン元大統領サパルムラト・ニヤゾフの著書「ルーフナーマ」の日本語版

Google Pixel 3に乗り換えてわかったこととか

おはようございます。五億年ぶりの更新ですが生きています。失踪してはいませんよ

 

ブログ継続失敗RTAの記録は2週間でした。なかなかうまくいかないものですね。冷静に書くことないし使い切ってしまった感があります。それはそうとして走者他にいませんか

 

続きを読む

Google Chromeにてキリル文字の全角を排除する

キリル文字は英数ではないとかそういうのはどうでもいいんだ。

 

関連記事?

miyanami-tr.hatenablog.com

 

続きを読む

オタクが多用する「学畜」という表現…中の幼女が怒りを覚えた理由に一同驚愕!

こういうこと書くと黙れオタク、お前は家畜だってツッコミが飛んできそう

 

この記事は個人的な憎悪と偏見を垂れ流してるだけなのでこの言葉を常用している人は見ないほうがいいです。最初に言いましたからね。

続きを読む

電車の暖房がしんどすぎる

二ヶ月ぶりに富士丸に行ってまいりました。やっぱり世界一美味いですね

f:id:Miyanami_TR:20190316235835j:plain

飯テロの意味は特に無いです お腹をすかせましょう



 

さて、もちろん富士丸に行くときは交通機関を利用して行くのですが、そこで困ったことが。

 

暖房がキツすぎるのです。外は寒いので当然厚着をして出かけるのですが、そんなこと知ったことかとばかりに暖房がガンガンにかかっています。さらにそれなりに人が乗っているために体温でさらに暖められてさながらサウナのようです。

私は電車に乗っている数十分で汗だくになってしまいました。絶対いらねえだろ。ということで今回は電車の暖房をひたすらdisります、よろしくお願いします

 

厚着をしているのに暖房をかけるな

まあさっきと言っていることは同じなのですが、普通外に出る時は寒くないように着込んで出かけますよね。着込んでいるので外でもそれなりに寒さを感じずにいられるのです。寒いけど

そんな中で電車に乗った瞬間、熱帯のような暑さが乗客を襲うのです。厚着していることを考慮した温度になっているのだろうかと思ってしまいます。脱ごうにも荷物が増えますし、温度調整はなんとかしても良いのではないでしょうか。さらに大体の電車が暑いところも苛立ちを加速させます。

 

弱冷房車はあるのに暖房はなぜ均一なのか

大体の電車には一両、「弱冷房車」が連結されています。夏場には電車で冷房を掛けるのですが、冷房が得意でない人のための配慮として弱めになっています…って説明するようなことでもないですね。私は冷房が効いている方が好きなので絶対乗りませんが

しかし「弱暖房車」は存在しないのです。これは暖房が苦手な人への差別なのではないでしょうか。レイシズムは許せません。電車に乗る限り冷房からは逃れられても暖房からは逃げられないのです。まあ家で薄着で暖房かけたりするのは好きなんですけどね

 

降りたときの寒さが異常

当然目的地に着いたら電車を降りるわけですが、激暑サウナから寒い外に出た時の温度差が半端ないことは容易に想像できるでしょう。残念ながら、なんとか暑さに適応した頃には目的地に着いていることが多く、寒さや暑さはある程度相対的な要素がありますから、電車が暑いせいで外に出る時に余計寒さを感じることになってしまいます。

さらに、電車の暑さで汗をかいてしまうと最悪です。汗によって肌が冷却されてただでさえ寒いところに温度差と汗のダブルパンチで暑さが嘘のような異常な寒さを感じることになるのです…

 

 

やはり暑さの面でも寒さの面でも悪影響を与える電車の暖房はもう少しまともな調整をされるべきですだと思います。あなたもそう思いませんか(同意を求める目)

それではまた

トイレの自動で水が流れる機能の必要性

f:id:Miyanami_TR:20190315232204p:plain

こんばんは、ほぼ日帰りの0泊名古屋から帰ってきました。記事にするかはわかりませんが楽しかったです

 

さて皆さんは自動で水が流れるトイレを使ったことはあるでしょうか?今はクソをしても勝手に流れていくのです。時代の流れって恐ろしい

 

でもこれ、果たして便利といえるでしょうか?

 

勝手に便を流してくれるなら便利に決まってるだろ!

 

そう思ったあなた、ちょっと待ってください。

それでは、「水が流れるタイミング」について考えてみましょう。では水が流れるのはいつなのか。

 

それは「便器から立ち上がった時」ですよね。それがどうしたって思ってる方、よく考えてください。冷静に考えて、クソをした後に手だけ洗ってトイレを出ることは普通ありえませんよね。一般的な人間ならまずはケツを拭きます。

しかし、ケツを拭こうとして便座から離れた瞬間、無情にもセンサーが作動しトイレットペーパーを尻に残したままクソだけを流して行ってしまうのです。私は泣きながらトイレットペーパーだけを流すのでした。

 

なんということでしょうか。トイレットペーパーを便器に突っ込んで流せば一回で済むのにもかかわらず、二回分の水を消費した挙げ句こちらがかける手間は一切減っていないのです。

これは環境にも水道代にも優しくないですし百害あって一利なしですよね。せめて水が流れるタイミングが違えばよいのですが、設計者の頭が悪いのかケツを拭いていない不潔野郎なのかはわかりませんが殆どのトイレがケツを拭くことを無視した設計になっているために解決しそうに見えません…

 

そしてここまで書いて、同じことを思っている人がいるのではないかとGoogleで検索をかけたのですが、そこで(私にとって)衝撃的な事実を目にしてしまうのです。

 

「普通の人は座ったままケツを拭くらしい」

 

いやいやあり得ないだろと思ったのですが、どうやら立ってケツを拭く私がマイノリティだったらしく、世間一般では自動水洗トイレの水の流れるタイミングはあれで問題が起きていないようなのです。正直めちゃくちゃショックです。不潔野郎とか罵ってごめんなさい。

 

まあみんな立ってケツ拭いてたらこういう指摘がもっと広まっているはずですし、これが現実なのでしょう。悲しいね

 

 

まあ僕は慣れてしまったので立って拭きます。それではまた